東京・首都圏会社設立専門家センター 新会社法での会社設立なら当サイトにご相談下さい。
お問い合わせ このサイトについて セミナー

メンテナンス中

無料会員特典
My Yahoo!に追加

Add to Google

 

 プライバシーマーク

 

1.「プライバシーマーク」とは?


「プライバシーマーク(制度)」とは、個人情報を適切に取り扱うことのできる体制が整備されていることを認定された事業者に対してマークを付与し、その使用を認める制度のことをいいます。
  審査は、財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)と11の指定機関(2006年7月現在)が行っており、認定を受けると、名刺、ホームページ、広告等でプライバシーマークを使用することができるようになります。

 

2.「JISQ15001」との関係は?


「JISQ15001」とは、財団法人日本規格協会(JSA)が発行する個人情報保護の基準を定めたJIS規格のことをいいます。
  これは2006年5月に改訂され、別名「個人情報保護マネジメントシステム−要求事項」と呼ばれています。
「プライバシーマーク」を取得するためにはこの「JISQ15001」に準拠している必要があります。
つまり、「プライバシーマーク」の認定を受ける際の基準として使われるのが「JISQ15001」なのです。
「JISQ15001」に沿って、社内の規程の整備や体制を構築していくことで認定が可能となりますので、「プライバシーマーク」取得に関して、「JISQ15001」の理解は不可欠といえます。

 

3.「個人情報保護法」との関係は?


プライバシーマーク認定と個人情報保護法との関係についてですが、プライバシーマークはあくまでJISQ15001に沿った体制を構築した場合に認定されるものであって、個人情報保護法と直接の関係はありません。
しかし、JISQ15001の要求と個人情報保護法の要求には共通点が多い上に(改訂によってますますその傾向が強くなりました)、要求内容はJISの方が厳しいものとなっています。
そのため、プライバシーマークを取得することで効果的な個人情報保護法対策ができるとして、現在、注目を浴びているのです。

 

4.プライバシーマーク取得のメリットは?


プライバシーマークの最大のメリットは、「第三者からの認定を受けることができる」という点です。
  第三者機関が社内の個人情報管理体制をチェックした上で認定がなされますので、自社のみの体制構築とは信頼性が異なります。個人情報管理体制の確立を顧客を初めとした社外に強力にアピールすることができます。
そのほか、継続的・組織的な個人情報管理体制を構築しやすい、従業員のモチベーションを維持しやすいといった様々なメリットがあります。

 

5.プライバシーマーク取得までの流れは?


プライバシーマークは、社内に組織としての個人情報管理体制を構築することになるため、取得までにはいくつもの段階を踏んでいくことになります。
  まずは、プライバシーマーク取得のための担当者を決めます。会社単位での取得になりますので、社内を横断的に統括できる人物を責任者とするのが望ましいです。
  次に、社内の個人情報の洗い出し・現状分析を行います。個人情報の内容や予測されるリスクなどを分析していきます。
  次の段階としては、体制の基礎となる各種規程類を作成します。社内の個人情報の種類や量によってはかなりの数の規程類を作成することになります。
  それから、その規程に沿って体制を動かしていくために従業員の教育を行います。
  その後、ひと通り教育が終わった時点で、一度、試験的に体制を運用してみます。
  試験運用の結果出てきた問題点や現場の意見などをまとめ、修正を図っていきます。
  規程類作成から試験運用までの一連の流れを何度か繰り返し体制が構築できた時点で、申請を行います。
申請後、書類審査、現地審査を経て、規程類の修正等を行いつつ、プライバシーマーク認定取得に至ることになります。状況にもよりますが、最初の担当者の決定から取得までに1年前後かかる例も珍しくありません。

 

6.プライバシーマーク取得の費用は?


プライバシーマーク取得にかかる費用は、事業規模によって異なります。
申請料・審査料・マーク使用料を合計して、新規の場合、小規模事業者30万円、中規模事業者60万円、大規模事業者120万円となっています(いずれも消費税込)。
各事業者は、以下のような基準で区分されています。
小規模事業者は、製造業その他においては従業者20人以下、商業・サービス業においては5人以下の場合に該当します。
中規模事業者は、製造業その他においては資本金3億円以下または従業者300人以下、卸売業においては1億円以下または100人以下、小売業においては5000万円以下または50人以下、サービス業においては5000万円以下または100人以下の場合に該当します。ポイントは、資本金または従業者のどちらかの要件を満たせば良いという点です。
大規模事業者は、中規模事業者の規模を超える場合に該当します。

説明:湘南総合法務オフィス 寺内正樹

 

◆プライバシーマークに詳しい専門家

 

  • 湘南総合法務 オフィス・行政書士/社会保険労務士-寺内正樹

    • プリンタ出力用画面 友達に伝える
      Copyright(c)2006-2014. 会社設立専門家センターAll Rights Reserved.
      埼玉県 東京都 神奈川県 千葉県 千葉県